i – Construction

134

Get real time updates directly on you device, subscribe now.

i-Constructionとは、土工事・コンクリート工をメインとして、測量・設計から、施工、管理に至る全プロセスにおいて、情報化を前提とした新基準のことを指します。
具体的には、国土交通省がこれまでも推進してきた、3Dマシンコントロールをはじめとした情報化施工や、3次元モデルを使った測量・設計や施工を行うCIM、そしてドローンを用いた構造物などの点検などを統合したもののことを指し、2016年度から全面的な実施が始まっています。

これに伴い、公共測量マニュアルや監督・検査基準などの15の新基準、またICT建機のリース料などを含む新積算基準が導入されます。 i-Constructionの推進を通じ、検査日数の大幅短縮や、検査書類にの削減などが実現でき、生産性の向上や、そこからの労働環境の改善、安全性の向上が見込まれています。

Get real time updates directly on you device, subscribe now.

コメントは終了ですが、トラックバックピンポンは開いています。

This website uses cookies to improve your experience. We'll assume you're ok with this, but you can opt-out if you wish. Accept Read More